« 変わらない輩達 | トップページ | シンガポール庶民の味 その2 »

シンガポール庶民の味 その1

先週はシンガポールへ行っていました。

今回は2回に分けてシンガポール庶民の味を

紹介します。

伊丹から羽田へ、夜発の全日空で朝シンガポールに到着。

甘いトーストサンドが売りの食堂で朝食です。

パンの写真を撮るのを忘れていましたが、追加で

頼んだバナナの葉で包んだピリ辛小魚付きご飯が

美味しかったです。


1317127925897.jpg


私のブログにも何回か登場するバクティは

シンガポール庶民の味では外せません。

この看板を見るとテンション上がります!


1317127927605.jpg


それぞれのお店によって付け合せは違う様です。


1317127928483.jpg


ここのバクティはモツ系統は入ってませんでした。


1317127929401.jpg


ジョホール海峡を渡ったマレーシア、ジョホールバルの麺

屋さんです。マレーシア側に来ると時間も少し

ゆったり流れているような気がします。


1317127930221.jpg


注文を聞いてから手廻しの小さな製麺機で幅広の麺をお姉さんがヒラヒラと

伸ばします。魚ベースのスープがあっさりと美味しく、また結構なボリューム

でした。

1317127930737.jpg

« 変わらない輩達 | トップページ | シンガポール庶民の味 その2 »

食と旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270567/42070301

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール庶民の味 その1:

« 変わらない輩達 | トップページ | シンガポール庶民の味 その2 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ