« 昨晩のガード下 | トップページ | がんばれ自衛隊 »

東日本大震災ー山田製油が出来る事

3月11日金曜日は日本橋高島屋で行われていた京都展の催事会場で胡麻を擦っていました。

社員の中井と「前年の同催事が冬期オリンピックの影響で不振だったので、今年は頑張ろう」と

励まし合いながら販売している最中に地震が起こりました。私は阪神大震災の揺れも経験していた

のですが、それ以上の長時間の揺れの中では何をする事も出来ませんでした。ちょうど私たちを

含め5名の当社社員が関東地区に出張中で、彼らの安否を確認するにも携帯電話が繋がらず

不安の中で時間が過ぎて行きました。その後徐々に伝わる情報で東北地方が大変な事になっている

事を知り、販売よりそれらの情報を収集する事に専念しました。今となってはご存じの通りの

大災害となってしまいました。幸いにも出張中の当社社員は無事でしたが、山田製油として

役立てる事がないか本社で話し合いました。私自身、阪神大震災で炊き出しのボランティアなど

にも参加しましたが、混乱している被災地の事を考えると性急な行動は慎みたいと考えています。

現時点では近い将来にお役に立てるよう今はより良い胡麻製品を作るよう精進して行きます。

被災された方々、そのご家族に対して心よりお見舞い申し上げると共に、一日も早い復興に全社で

協力いたします。20110311_145117


« 昨晩のガード下 | トップページ | がんばれ自衛隊 »

胡麻便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270567/39235635

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災ー山田製油が出来る事:

« 昨晩のガード下 | トップページ | がんばれ自衛隊 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ