« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

ちょっと美味いお店

昨日は知人と合うために兵庫県西脇市に行きました。京都と兵庫県は離れているようですが、北部の方では隣り合っています。胡麻からは60キロ程の距離です。夕方にちょっと寂しい感じの西脇市に到着しました。知人のお勧めの韓国料理屋さんへ行きました。マッコリを飲みながら焼肉をちびちびと、会話はガッツリ盛り上がり楽しい一時でした。上品なオモニが切り盛りされているお店です。すみませんが名前失念しました。西脇ロイヤルホテルの近所です。
BD410768-9255-465C-AA8D-B5143D952EBB

DB3B6A2B-6EF2-4AFE-89DC-B70171EAB8FC

へんこ未来塾

バタバタしていてい久しぶりのブログアップです。

また田舎では使えないiphoneからエクスペリアに乗り換えて

イマイチ操作方法に馴染めないオッサンの私ですので

ついついブログアップが疎かになっていました。

さて、今日のネタですが、当社では7名の20歳代社員が居ます。

以前から彼らを対象に勉強会を考えていたのですが、今回彼らの方から

その様な申し入れがありました。社長の私が講師となっての勉強会で

1回につき一人3千円講師料として払うとの有り難い提案でした。

彼らの意気を感じて「よっしゃぁーsign03」と引き受けました。原則的に週1回

で20回を予定しています。家族持ちも居るので、1回3000円は辛いと思うので

1000円にディスカウントしてやりました。一応講師料も懐に入れず

終了後に何らかの形で彼らに還元してやるつもりです。

と言う事で講習会の名前はちょっとカッコ良く「へんこ未来塾」です。

20歳代の彼らが将来山田製油を背負って欲しいとの願いを込めての

命名です。私も毎回のプログラムを考えているのですが、5回目以降で

予定している「計算力の強化」の下準備の為、写真に写っている本を購入。

私自身計算力は弱くないと思っていたのですが、全くダメレベルである事

を知らされました。coldsweats01

若手教育の「へんこ未来塾」と思っていましたが、実は私自身の勉強となるようです。

かなり気を入れて勉強させてもらいますsign02

20100928_054211

お願いします

iphoneを使っていたのですが、脆弱な通信環境なので田舎では

使い物になりません。iphone自体は大変気に入っていたので

SIMロック解除してドコモで使おうかなとも考えましたが、思い切って

エクスペリアに乗り換えました。しかしデータの移行に失敗して

電話帳データ消えてしまいました。shock

このブログをお読みになって今後とも私とお付き合いして下さる方は、

大変申し訳ないですが私の携帯かメールに連絡して下さい。

よろしくお願いしますsign03

フェリーサンフラワーで

千葉で予定されていた会議に出席の為、苫小牧港から茨城の大洗港へ

フェリーで移動しました。18時45分出港なのですが、催事業者さん

とのゴルフコンペに参加したため北見出発が予定より大幅に遅れて

北見ー苫小牧フェリーターミナル間、約370キロを休み無くブッ飛ばして

乗船手続き終了10分前に到着。

ゴルフ場で着替えも風呂も入らず、昼食も摂らずに来たので乗船後は

先に夕食としました。舞鶴ー小樽間の新日本海フェリーは深夜出港なので

晩御飯も済ませ、車での乗船なので酒も飲めないのですが、此方の航路は

夕方出港なのでゆっくり船内レストランで食事を楽しめました。

夜・朝・昼ともブッフェ形式の食事です。ビールとワインを同時に飲みながら

何処かに一人旅のお姉さんは居ないかと見渡しましたが、殆んどか夫婦か家族で

たまに見かける一人旅は私と同じおっさんばかりでした。

(ちなみに朝食・昼食時にはアルコールの販売はされておりません。coldsweats01

AF8C97A2-231F-4784-8AB7-06307FCA07E1

朝食もしっかり食べてあまりお腹も減っていなかったのですが

昼食が「カレーバイキング」だったので、興味本位で食べました。

ビーフ、チキン、野菜、甘口の4種類のカレーがありましたが、

どれもオーソドックスなカレーライスのルーでした。

F875D493-F796-4A94-A1D0-C1F8234B6AA4

大洗到着時は台風から変わった低気圧の影響で大雨。

千葉まで約2時間土砂降りの中でのドライブでした。

F28AC5AF-20AA-4192-9828-14D576EC30A6

北見へ、そろそろ北海道終盤

今年も恒例の北見での物産展催事で販売してくれる家内を

送り届けるため移動。ナビで距離優先でルートを選択すると

途中山道を走る破目になりました。

45C08383-EE7A-4FA3-9FDA-EED2E380A611

悪路で車もドロドロになりましたが、途中チミケップと言う

美しい湖を見ることが出来ます。

6ED05BDC-D1CD-4AE2-83E2-E1E595982B11

北見での夕食はタケ小山さんお薦めの鮨屋「谷川」さんに

行きました。

A374719D-D8D6-46F5-A5EA-6CE26B02E909

ツブ貝など刺身の盛り合わせです。

85E37479-F207-4804-A9D7-88E6A96C5B19

魚の名前は忘れましたが、この煮凝りは美味しかったです。

64E5E826-2D9D-4EC5-A898-E3FF800F2A22

珍味の数々を気の良い大将がドンドン出してくれます。

熱燗を注文しましたが、ボリュームいっぱいの帯広での昼食が

まだ消化されていなく、本調子で飲み食い出来ませんでした。

E54569A4-5E52-4079-8EF7-6178C0C201FF

月に2、3回しか休まれない頑張り屋の大将と

優しい奥さんの二人で切り盛りされているお店です。

ボリュームいっぱいのお店

前の夜、なんちゃっ亭にお邪魔する前にタクシーから見ると

車がいっぱい止まっていて、ちょっと気になっていたレストランです。

ナビを頼りに北見に向かう途中に偶然レストランの前を通りました。

丁度昼時だったので躊躇う事なくランチにしました。

9903499A-369C-46C4-B27F-D2BFB128CFD1

店内はこんな感じです。レトロ感があり地元の

お客さんが多いように思いました。

72B7C904-AA4B-43F8-924F-2894A4C3CDCC

このレストランの横にある帯広ビールを注文しました。

私は運転係りだったので、ノンアルコールビールを飲みました。

これ結構いけましたbeer

07BD4BEF-AB2B-4B39-A916-75B8F692C815

私は「伝説のワンプレート」という料理を注文。カップスープと

焼きプリンが付いて1000円でした。

77D7A8F4-5B42-4179-84D0-963EEEB36033

家内は「フランクフルトスペシャル」850円

F5728F84-A93A-4812-B63B-5F163F298D00

どちらもボリューム満点sign01

家内のナポリタンパスタはギュッと固めてあってほぐして

食べて行けども全然減っていませんでした。

ピッコロモンドの3倍位の量でした。

二人とも完食出来ませんでしたsad

昔懐かしい味で

地元に愛されている感じがするレストランでした。

詳しくはHP見て下さい。

「ランチョ・エルパソ」さん http://www.elpaso.co.jp/index.html 

帯広で関西発見

猫好きの私達夫婦がよく見ているブログ

「馬とニャンコと男と女」horsecattoiletの大阪出身のご夫婦が

帯広市内でやっておられるお好み屋さん「なんちゃっ亭」

に昨日お邪魔しました。

先ずはお手製のニンニク味噌で食べるパリパリキャベツ
E558B2F0-3089-44B1-850E-CA2009050FDF

地元ネタのお好み「トマチッチ」を注文しました。

ピザ具材ですがお好みにもいけます。

ピッコロでもお好み具材でピザ作ったらどうなるんか

考えました。

D4D36FAA-F76F-4F33-B981-A105C6DD8C54

次に人気メニューの牛トロ焼きです。すしネタにも使われる

牛肉をトッピング、わさび醤油で食べます。

これ結構いけましたsign01

F45B9010-3539-4764-BA35-8D6EE5523D3B

明石焼きで締めました。

313A07FF-C9B9-4C9F-97FF-396BB1469222

関西人の私は当然コテで食べました。

お好み焼きはコテで食べるのが正解ですよhappy01

FAF44EBE-FF8B-46BC-B6B2-1C01B479C30D

美味いものづくしの北海道ですが、やはり関西人の

私達は粉物を食べると何か落ち着きました。

ご夫婦や妹さんとの楽しい会話も重なって大変

楽しい夜でした。お土産で自作フォトカレンダーも頂きました。

関西人のみなさんsign01北海道で粉物に飢えたら是非帯広の

「なんちゃっ亭」へ行って下さいrun

千歳で美味い店発見

ビジネスネタと人脈探しの北海道旅行も今年で3年目です。

徐々に知り合いも増えてきた北海道ですが、今回も千歳で美味しいお店を

発見しました。名前はビストロ「アンジェ」さんです。物静かなご主人が一人で

切り盛りされています。名古屋や神戸の有名ホテルで長年シェフをされていた

そうです。

113294BB-7ABD-4C57-B200-B1525B92F309

ワインはイタリアの赤ワインを飲みました。

16380630-EF0C-4977-80B0-C2AE91868E6E

フルーツトマトと手作りレーズンバターです。

B9855806-0B18-4421-8F70-8880FC72F5BB

エスカルゴも頼みました。

95D5EBD0-4E17-4E28-9F7E-FFA1FDBC9396

一日目はビーフシチュー

コクがあり付け合せの野菜との相性もバッチリでした。

5E34CC9E-B531-4FBA-AD78-007C4003BA65

二日目もビーフシチューを頼みましたが、こちらは

富良野産牛のほほ肉でした。

0706229D-CD45-425D-B199-BEC852349DB4

煮込み料理が自慢のお店です。

メニューの種類は決して多くないですし、量も多くないですが

私達酒飲み夫婦には程よい量です。小さなお店ですが

落ち着ける所です。またまたお気に入りのお店と出会えて

ご機嫌の私達でした。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ