« テレビ放映***見てください!!*** | トップページ | バーンボーグルレストラン編・その2 »

バーンボーグルレストラン編・その1

バーンボーグルのレストランでの食事に内容を報告します。

タスマニアの第2の都市ローンセストン(人口8万人位です)より

100キロも離れた人口が700人ばかりの漁村の近くにあるこのバーンボーグル

レストランはゴルファーだけでなく地元のお客さん達で昼も夜も大変盛況です。

少人数のスタッフがキビキビと笑顔で接客してくれます。

見ているだけで気持ちよい姿です。当社のレストランも見習って欲しいものです。

ディナーでは毎回殆んどタスマニア産ピノノワール種のワインを注文しました。

価格帯は3500円~4500円位が多かったです。

Cimg1315

300gフィレステーキです。数種類のソースから好みをチョイスします。

Cimg1316 

鳥の胸肉です。我々にはもう少し脂身が有ったほうが美味しいと感じるかも

Cimg1318

こちらはプレー後ランチで食べたサーモンです。

基本的に昼を食べると我々の胃袋では夜は食べられないので

昼はビールと軽いおつまみで済ましていました。

Cimg1347

ランチで食べた本日のスープです。

キャロット&パンプキンスープです。

Cimg1348

ワインの味は覚えていません・・・・。すんませんcoldsweats01

Cimg1365

鴨のローストです。私の一番のお気に入りでした。

Cimg1367 

家内がオーダーしたガーリッククリームシュリンプです。

家内のお気に入りでした。

去年までは前菜とメインを各自注文していましたが、今年は

前菜かメインどちらか一品で済ます事が多かったです。

Cimg1369

食後には家内とデザートをシェアしました。ホールスタッフの

ひょうきん者クレイグが私達のテーブルの真ん中にボールペンで

線を引き、「お前はこちら側、あなたはそちら」てな感じで

デザートのお皿を線に合わせて真ん中に置いてくれます。

私達の胃袋にはちょうどよい量です。オージー達はよく食います。

Cimg1372   

« テレビ放映***見てください!!*** | トップページ | バーンボーグルレストラン編・その2 »

食と旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270567/33652400

この記事へのトラックバック一覧です: バーンボーグルレストラン編・その1:

« テレビ放映***見てください!!*** | トップページ | バーンボーグルレストラン編・その2 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ