« 豪華猫鍋 | トップページ | 京都オープンゴルフ選手権・1 »

生絞り胡麻油

たまには仕事絡みのお話でぇ~す。この秋新発売の生絞り胡麻油の

美味しい使い方です。この製品は発売まで18年程試行錯誤していました。

胡麻油の一番の特徴は「香り」です。その香りは胡麻を焙煎することによって

生じるものです。焙煎加減はかなり微妙で、当社の代表製品である胡麻油や

練り胡麻、すり胡麻など全て同じ焙煎加減ではないのです。私以外の社員は

各担当製品の焙煎しか出来ません。←チョツト自慢sign03

微妙な焙煎加減を見極めるために製造担当社員はnosmokingと禁コーヒーです。

そんな香りの良い胡麻油ですが、全部の料理に焙煎胡麻油を使うと同じ

香りばかりになってしまいます。そうは言っても原料が何かよく判らない

化学的処理したサラダ油は使いたくありません。そんな思いから作ったのが

「生絞り胡麻油」です。少し生臭い香りがする油ですが、美味しい使い方を紹介

します。鍋物の季節になりましたが、炊き込む時に大サジ1杯位の生絞り胡麻油を

垂らしてみてください。沸点が水より高いので野菜が早く柔らかく仕上がります。

またスープも冷めにくく熱々ホクホクを楽しめます。今朝も昨晩の残りに白菜や

レタスをドバッーと投入して、生絞り胡麻油を垂らして炊き込みました。あまりの

美味しさに北海道の知人から贈ってもらった「限定サッポロビール」を2缶空けて

しまいました。←(朝からのアルコール摂取は依存症や中毒になりますので

お止め下さいcoldsweats02

もう一つ変わった「生絞り胡麻油」の使い方です。手荒れが気になる季節にも

なりました。就寝前にサッと手にすりこんでみてください。何日か続けると

綺麗なお手手に変身しますよsign03薬事法なる奇怪な法律もありますので、「効く」

とは大きな声で言えませんが、無農薬栽培の胡麻を薬品添加物を使用しないで

作った胡麻油です。みなさん想像は出来るでしょうsmile

« 豪華猫鍋 | トップページ | 京都オープンゴルフ選手権・1 »

食と旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1270567/32108712

この記事へのトラックバック一覧です: 生絞り胡麻油:

« 豪華猫鍋 | トップページ | 京都オープンゴルフ選手権・1 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ